地域経済を支える広島銀行

広島銀行の資産運用と資産管理

広島県で歴史ある金融機関の広島銀行では、預金サービスやローンサービスのほか、資金づくりに最適な商品やサービスも扱っています。広島銀行で資産運用に効果のあるサービスには、定期預金や外貨預金、仕組預金、投資信託といったサービスがあります。

広島銀行でも資金づくりとして定期預金を利用する人は多く、定期預金でも長い期間にわたって預ける商品では高い金利による利息効果が期待できるようになります。さらに、預金による資産形成が期待できるものとして、外貨預金や仕組預金があります。これらの預金では、預入金利による利息だけでなく、為替変動やデリバティブ取引による利益が期待できることが特徴です。

たとえば、広島銀行の仕組預金は、オプション取引による利益が得られるため、高い利回りが期待できます。しかし、仕組預金の場合、通常の預金とは違って払い戻すときに高いリスクが生じることがあります。元本割れを起こす可能性が高く、仕組預金による投資はリスクの高い方法として理解する必要があります。

また、広島銀行では、NISA口座を開いて投資信託を行う人が増えています。投資口座の開設、NISA口座の開設などでは、キャッシュバックサービスを実施しています。たくさんあるファンドに分散投資する方法は、資産運用として効果があります。

広島銀行では、効率よく資金づくりができる円貨定期預金と投資信託、外貨定期預金などをセットにしたサービスもあります。これらのサービスと一緒に資産運用シミュレーションを活用すると、より効果的な資産運用ができます。

そして、広島銀行には、資産形成において効果的な資産管理業務も行っています。広島銀行では、預金や投資信託、公共債などをまとめて管理することが可能です。