定期預金の基本と活用方法

定期預金の具体的な活用方法は?

定期預金の活用方法ですが、まずは金利が高いということがあげられます。ネット銀行は総じて金利が高いので、資産運用面でもメリットがあります。また、ネットですべて手続きが完結するため、口座開設から口座への振込まで効率的に利用できます。

また、ネットバンクには他行宛振込手数料の優遇や、ATM手数料の優遇などサービス利用者にはたくさんのメリットがあります。ポイント制度を導入している銀行であれば、取引するとポイントが貯まり、キャッシュバックを受けることが出来ます。さらに、自社の発行するカードを作ると上級会員になり、お得なサービスを受けられることもあります。

新生銀行などでは定期預金の預入額に応じてTポイントを付与したり、銀行ATMの利用によってTポイントを付与したり、様々なメリットがあります。お金はただ普通預金に入れておくだけでなく、定期預金などの商品で運用することによって金利以外のメリットを享受することができます。

一方みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などのメガバンクで銀行口座を開いて運用するメリットは、窓口で安心して手続きできることがあげられます。パソコンの操作が不慣れな高齢者でも安心して利用できますが、大手銀行の定期預金金利は総じて低めです。

元本保証はされませんが、外貨預金もおすすめです。為替手数料がかかるなどリスクはありますが、円安になれば、金利プラス為替差益を得ることが出来ます。ネット専用銀行でも外貨預金の取り扱いのある銀行が多いので、資産運用するにあたって、どのような金融商品があるかホームページなどでチェックしてみましょう。

メインバンクとしてネット銀行にするかメガバンクにするかは利用者のライフスタイルにかかってくると思います。また、外貨MMFや保険商品の販売がある銀行もありますので、どの銀行がおすすめ銀行になるかは一概には言えません。一般的に金融機関のサービス利用者は自行のATM手数料が無料で利用できます。

資産運用方法を考慮して、どのような商品をどのくらいの期間利用するのかを考え、そこからどの銀行を利用すると一番サービスが受けられるのかを比較サイトなどで調べると、ご自身にとって一番有利な銀行を選択することができます。

金利の高さだけでなく、様々なサービスを総合的に考えて銀行を選び、その利用の選択の一つとして定期預金を組み合わせるとよいでしょう。