北東北で営業する北日本銀行

北日本銀行の保険と年金保険

近年、北日本銀行では、保険年金サービスを扱うようになり、将来の生活においてゆとりをもつことができる保険年金商品を提供しています。北日本銀行が扱う個人年金保険は、民間個人年金の一種として知られています。

北日本銀行の個人年金保険には、定額個人年金保険と変額年金保険があります。ともに保険としての機能をもちながらも、貯蓄機能による年金効果が期待できます。

定額個人年金保険は、契約時に利率と将来の受け取れる金額が決まっているもので、資産形成として計画的に年金づくりを行うことができる個人年金です。現在、定額個人年金保険では、明治安田生命保険の「堅実ねんきん」、アメリカンファミリー生命の「アフラック個人年金」、東京海上日動あんしん生命保険の「みらい応援歌」、住友生命保険の「たのしみ未来」などがあります。

ただし、この種の個人年金保険は、将来のインフレに対応できないことや解約したときに払込んだ保険料よりも解約払戻金が少なくなることがあります。

また、北日本銀行では、投資信託などの運用実績による利益で受け取る保険額が変動する変額個人年金保険があります。現在、北日本銀行では、明治安田生命保険の「年金果実のNEO」を扱っています。この年金保険は、投資利益によって変動するため、利益が多いと年金額が増えるようになり、受け取る年金額や死亡保険金額などが変わる年金保険として知られています。

このように変額個人年金保険は、インフレにも対応できるので、年金効果は大きなものとなりますが、逆に予定の年金額が受け取れないといったリスクもあります。そういったことから、分散投資などに向いている年金保険です。

個人年金保険は、将来、厚生年金や企業年金、厚生年金基金のほかに、上乗せができる年金として利用者が増えています。