地域経済を支える広島銀行

広島銀行の店舗とATMサービス

広島銀行は、広島県の金融機関では歴史のある銀行です。この銀行は明治11年に第六十六国立銀行として開業し、広島を中心に営業してきました。広島銀行は、現在、従業員が3,000人、預金残高は6兆円を超える銀行となり、広島県だけでなく、中国地方でも規模の大きな銀行として知られています。

開業以来、広島県内の店舗は多くなり、県外にも店舗が増えています。合併と統合を続けてきた銀行では、店舗数が本店と支店で149店、出張所は18か所、海外駐在員事務所については2店あります。広島銀行の店舗は、広島市、廿日市市、大竹市、江田島市、三原市、尾道市などの県内の主要都市に多く設置しているほか、県内の市町村においても多く設置しているため、便利で使いやすい銀行です。(広島県内の主要都市の参照リンク、http://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/ http://www.city.otake.hiroshima.jp/ http://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/ http://www.city.mihara.hiroshima.jp/ http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/www/normal_top.html

広島銀行では各支店や各出張所において、県民のニーズに応える銀行サービスを提供しています。店舗では、貯蓄に便利な預金サービス、ローンサービスなどのサービスがあります。また、広島銀行では、年金や保険、投資といった資産運用を目的としたサービスも充実しています。

広島銀行の店舗などには銀行ATMを設置して、サービスの向上に努めています。広島銀行では、キャッシュカードがあるなら、各種のATMサービスも利用できるようになります。

たとえば、広島銀行のATMでは、預入れ、残高照会、引き出し、振込などができます。引き出しや振込は、一部の時間帯などにおいて手数料が無料です。もみじ銀行、広島信用金庫、呉信用金庫などが提携する「ひろしまネットサービス」、県外金融機関の福岡銀行、伊予銀行などでも現金の引き出し手数料は無料になります。

その他、現金の引出しや振込においてATM手数料がかかりますが、ゆうちょ銀行やセブン銀行などのコンビニATMが利用できるため、全国どこでもATMサービスが利用できる銀行です。